ソウル・インタビュー

砂漠のペンギン

「接客が本当に上手って、
最近よく言われるんです」

カフェで働く20代の女性が、
嬉しそうに話してくれました。

比較的人気のカフェでその女性が
働き始めたのは半年前。
当初は調理の下処理や在庫管理、
レジ締めなどが中心だったそうです。

「私、注意力ないから」
「頭がまっしろになって…」
「またミスして怒られた」
…なんて話を良くしていました。

それが数週間前にホール担当になって、
文字通り激変!
とても楽しそうなんです。

「どうしてそんなに楽しそうなの?}
と聞くと、

「ただ、お客さんに喜んで
もらいたくて。それだけなんです」

疲れを感じることはあっても、
ストレスはないとのこと。

お客さんからも、
「すごく素敵な笑顔ね」
「一緒に写真撮ってもらってもいい?」
と言われることもあるとか。

適材適所ってこういうことですね。

逆に、間違った場所に配置されると、
自分も不幸だし、周りも困る。

ペンギンを砂漠に連れて行くようなもの。

生死に関わる問題ですよね、
真面目な話。
でも、「砂漠にペンギン」的な状況、
実際には珍しくありません。

才能がないわけでも、
適応能力が低いわけでもなく、
ただ、間違った場所に置かれているだけ。

優劣じゃないんですよね、
ただ、違いがあるだけ。

だから、
劣等感を感じる必要なんてないんです。

 

ペンギンにはペンギンの、ラクダにはラクダの
それぞれの豊かな世界がある。

それぞれの持って生まれた本質に根ざせば、
だれだって、もっとずっと、幸せに生きていけると思います。