ソウル・インタビュー

存在

「ああ、良かったな…」

 

 

ほかに言葉が出てこなかった。

半年にわたってコーチングで関わらせていただいている女性。

今日はとても声が明るく、喜びに満ちていた。

 

 

それもそのはず。

入院されていたご家族が退院され、

一緒に暮らし始めたのだ。

 

これまで心を覆っていた

重たい雲のような不安が消え、

暖かな日差しを全身に浴びているような晴れやかさだ。

 

 

ずっと滞っていた別の課題も、

ご自身の中で気付きが連鎖し、

まったく新しい展開が見えはじめた。

 

 

そんな瞬間に立ち会えて、

ぼくも本当に嬉しかった。

 

 

そして、どんなに辛く、忙しいときにも、

常に、ご家族を最優先にされている

その生きる姿勢に、何度も

深く考えさせられ、勇気づけられた。

 

 

あなたという存在に、感謝します。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です