ソウル・インタビュー

失望は、魂からのサイン

「私って、いつも最後には失敗しちゃう人だから」
「なんか、ダメになるんです。じゃまが入ったり、全然違うことに興味を持ったり」
「それで、後悔する。いっつもそんな感じ」

…笑いながらも、その人の目は失望に満ちていました。

これから、どうしたいんですか?と、問うと、

「〇〇を実現したいんです。でも…」
「〇〇もできるようになりたい。でも…」
「〇〇があったとしたら、△△になるのも簡単なのに…」

〇〇が実現したとしたら、どんな状態だと思いますか?

「……思い浮かばない。だって、きっと何か問題が起こって…」

過去、たくさんの傷を負ってきたのでしょう。
数え切れないほどの挫折も繰り返してきたのかもしれません。

「失敗しちゃう自分」という考えは、そうした経験から育まれた自己像だと思われます。

過去の出来事は事実。

でも、その自己像は、あなた自身ではありません。

ただの解釈です。

ただの解釈が、自分自身と同化しているだけです。

きっと、同化する必要があったのだろうと思います。

「失敗し、また傷つくことを避けるために、

挑戦しない自分で居続けたい」

心の奥底に、そんな信念があるのかもしれません。

つまり、自分を守っているんですね。

全然、悪いことではないです。

生きるために、無意識が行う適切な反応です。

でも、もし現状を変え、

新しい生き方を選びたいなら、

その信念を、手放してみてもいいかもしれませんね。

これまで守ってくれたことに感謝しながら、

さよならしませんか。

そして、深く、深く、
本当に自分の魂が望んでいることに、耳を傾けてください。

挫折や失望は、「本当の自分に気付いて」という、
魂からのサイン、なのですから。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です