ソウル・インタビュー

旅の始まり、かも

「あなたの文章から、怒りを感じました」
「何か、怒りを秘めているんだろうな、と」
「こうして実際にお会いしても、そう感じます」

 

先日、メンターからそう指摘を受けました。
ぼくにとっては、相当に意外な言葉でした。

 

怒り…

 

そのときは、ただびっくりするばかりで、
「自分の何がそう思わせているんだろう?」と
クエスチョンマークが頭に浮かぶばかりでした。

 

でも、一人になってゆっくり考えてみると、
なんとなく、理解できるような気がしてきました。

 

具体的な何かについて怒っている、というより、
やり場のないエネルギーが、身体に溜まっている、
という感じが、確かにあるなと。

 

それが何に由来するのか、
いつからそれがあるのか、
はっきりとは分かりません。

 

でも、そういうものが
自分の身体のどこかに、
出口を求めながら、渦巻いている。

 

それが、何かの拍子に
言葉や態度、表情ににじんでいるのかも。

 

そこで、先日の頭痛のときように、
そのエネルギーに意識を向けて、
その「声」に耳を傾けてみました。

 

すると、
怒りというより、
やりきれない思い
解消されていない感情
そのことに対する、諦め、
そして、悲しみ…

といった感覚が、わき出てきたのです。

 

その悲しみは、
いつのころからか、自分の中に巣くう、
得体のしれない虚無感と、同じものなんじゃないか。

そんな気がしました。

 

数週間前に、「自分の中の闇と立ち向かうことが、
ヒーローズジャーニーなのでは」と書きましたが、
この悲しみや、虚無感と向き合うことこそが、
僕にとっての旅の始まり、なのかもしれません。

 

影との戦いを終えたゲドは、最後に呟きます。

「傷は癒えた。おれはひとつになった。 もう、自由だ」

いつか、僕もそう呟いてみたいものです(^^)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

2017年4月
« 3月   5月 »
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930