ソウル・インタビュー

さよなら「守護神」

10代のころからの喘息。
その症状を引き起こしていた心の奥の原因を、
その女性は、ご自身の意思で優しく手放しました。

 

僕も胸を震わせながら、その瞬間を共有しました。

 

これから、「新しい自分」として、
どんな毎日を創造されるのか、とても楽しみです。

 

「病気であることをやめるセッション」
またひとつ、新しい扉を開けることができました。

以下、ご感想です。(ご本人了承済み)

==========

以前から気になっていた「何故私は持病である喘息を
本気で治そうとしないのだろう?」というテーマで、
大村さんにセッションをして頂きました。

 

静かに温かい空間の中で、これまで自分が、
喘息のお陰でどれだけの恩恵を受けてきたかが
浮き彫りになりました。

 

ひどい発作の後、母からもらった
「生きているだけで100点!」という言葉。

 

喘息が主人との結婚の障害になるのでは、と
気にしていた時に主人が言ってくれた
「そんなこと気にしてるの?一緒に治していけばいい」という言葉。

 

人生の中で、忘れられないシーンの舞台設定に、
喘息は欠かせないものでした。

 

セッションの中で
「喘息は私の守護神だった」という気付きが出た時は、
深いところで腑に落ちる感覚がありました。

 

今まで私を守って来てくれて、
一緒に生きてきた喘息ですが、
もう依存はやめてお別れするタイミングだと思います。

大村さんに立ち会って頂いて、その決意が出来ました。

 

 

人からの愛情を確かめる為に使っていた喘息と、
離れると決めた後の問い。

「人からどう思われるか、ではなくて、
あなた自身が心からしたいことは何ですか?」

すぐに答えは出て来ません。
大切に答えを探っていこうと思います。

素晴らしいセッションをありがとうございました。

50代主婦

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です