ソウル・インタビュー

ダイヤモンドとして生きる

「もともと、ダイヤモンドとして生きる」

ある大先輩コーチの言葉です。

傷つくこともなく、脅かされることもない。

誰だってもともと、ダイヤモンド。

ただそれを、磨いていくだけでいい。

なのに、多くの場合、

そのダイアの上に、

知識や、資格や、他者からの賞賛などなど、、、

いろんなアクセサリーを付けて、

「自分はまだまだ…」と、次々と装飾を付け足し続け、

ダイヤがどこにあるのか、どんどん見えなくなっている。。。。

それも、仕方のないことです。

そのままじゃ、

不安だから

自信ないから
認めてもらえないから・・・・

そうなんです。
根底には、自己卑下があるんです。
みすぼらしい石ころの自分、、、という前提で、
生きているんです。

でも……

「もともと、ダイヤモンドとして生きる」

原初の自分を思い出し、
そういう自分を受け入れるだけで、
世界は、これまでとまったく違う姿を見せはじめます。

当然ですよね。

世界を見ているのは、自分。
その自分が、石ころから、ダイヤに変わる(還る)わけだから。

起こる出来事は、すべて、
自分を磨きあげるためのプレゼント。

 

あなたは、河原の石ころじゃないんです。
砂利の一粒でもないんです。

紛れもなく、唯一無二のダイヤモンドなんです。

この瞬間から、
そういう自分として存在してみませんか。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です