ソウル・インタビュー

「一番危険な考え方」です

「そういうのが、一番危険な考え方です」

あるニュース解説番組で、講師の池上彰氏は
タレントからの質問にそう答えたそうです。

政治情勢について解説中、
「池上さんはどう思っているんですか?」
「池上さんの意見を聞きたい。僕はそれを信じる」
といった発言をしたとか。

それに対して、池上氏は
「自分で考えるために、こうして材料を提供している」
「判断を他人に委ねるのは、思考停止」
「そういうのが、一番危険な考え方です」

なにか偉い人、社会的に認められた人の意見が気になるのは、
分かります。
そこについていきたい、と思う気持ちも。

だって、楽だから(笑)

でも、それって、ただの権威主義。
自分の選択を、偉い誰かに委ねているだけ。
さらに、その選択の結果の責任さえ、放棄している。

まさに、思考停止なんです。
同時に、自己放棄とも言えます。

コーチングでも同じなんですよね。

自分で考える。
自分で答えを出す。

「コーチがなんとかしてくれる」と思っている限り、何にもならない。

コアメッセージに気付いて、
無限の自己につながれば、
無限の自己を信頼すれば、
誰に頼る必要もないんです。

コーチは、そのための環境と時間を、質問によって提供しているだけ、なんです(^^)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です