ソウル・インタビュー

問題がある、という前提

「最近、こういうことで困ってて…」

「この人のこうした態度が、すごく嫌で…」

「そこにいると、なんか、とても胸が苦しくて…」

そういった「問題」

そういった「苦しみ」「悲しみ」「辛さ…」

その原因を、過去の「何か」にあると仮定すれば、

きっと、その「何か」は出てくるだろう。

でも、それって切りがない。

終わりがない。

そのとき、「何か」を解消しても、

また別の「何か」がむくむくと現れる。

そして、またそれを解消して…

それでもまた「問題」が出てきて…

そして、また解消して…でも、また…そして…

気がつけば、何年も同じセラピーを受けている、、、
なんてパターン、珍しくない。

何か過去に「問題」がある、という前提。

その前提に立つ限り、意識は「問題」を創り続ける。

「問題」でググれば、その検索結果がずらりと出てくる。

それと同じ現象が、あなたの頭の中でも起きているってこと。

じゃ、どうすれば…?

検索ワードを変えるだけ。

なんでもいい。

「目的」でも、「快感」でも、「大好きな香り」でも。

そして、自分のいまを、自分で創ってみる。

自分の存在意義は、自分で創る、という「前提」に立つ。

ただ、それだけのことなんです。

「そんな簡単なわけない!だから苦しんでんじゃない!!!」

…という前提に立つ限り、あなたはこれからも、ずっとそのままだ。

きっと、「苦しんでいる自分」という物語が、大好きなんだろうね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です