ソウル・インタビュー

星を見るか、泥を見るか。

二人の囚人が鉄格子から外を眺めている。
一人は泥を見ている。
一人は星を見ている。

(フレデリック・ラングブリッジ/アイルランドの詩人)

重要なのは、状況ではなく、状態なんです。
自分の意識が、いまどういう状態にあるのか。
そして、それは自分で気付き、整えられます。

先日、同じコーチングスクールで学んだ仲間が、
こんな話をシェアしていました。

~~~~~~~~~~

そのスクールの講義に、初めてアシスタントとして参加した彼は、
自分がまだ受講生の一人としての意識で参加していることに
「気付いた」。

そこで、主体性と、自分の役割を自覚し、
アシスタントとして関わることを
「選んだ」。

当初はアシスタントとしての自分にまったく自信がなかったが、
受講生と関わるうち、

自分が今まで、学びを通じて何を与えらたかではなく、
与えられたものを、自分がどう使うかという視点に、

「意識が変わった」。

~~~~~~~~~~

状況に囚われたら、その状況に振り回されるんです。
なぜなら、状況はコントロールできないから。

しかし、状態はコントロールできる。

気付くこと。

選ぶこと。

そして、意識が変わり、
自分への信頼が生まれてくるんです。

さらに、その自分への信頼は、
自分は何者なのか…という自己理解の深さによって、
育まれていきます。

自分のコアは、何を求めているのか。
自分のコアは、どんな光を発しているのか。

そこが明確なら、
どんな状況にも左右されることなく、
いつだって、星を見失うことはないんです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です