ソウル・インタビュー

暗闇を歩き続けても

「暗闇のなかを、手探りでずっと歩き続けているみたいです」

「もう、やめた方が楽になれると思う。絶対にそうだと思うんです」

力なくそう語りながら、男性はちょっと笑っていました。

ー笑ってますね?

「え?そうですか?」

そして、また笑い始めました。

「ああ、そうですね。なんか可笑しくて」

ー何が可笑しいんでしょうか?

「なんていうか、、、こんな自分が、ですね。
夢を持って起業したのに、人に夢を与えたくて独立したのに、

自分の夢が破れようとしているなんて、、、。笑えますね」

ーなるほど。確かに笑えますね。

「えっ!…いや、まあ、、、そうなんだけど…」

そして、沈黙。。。。

「…でも」

ーうん。

「…でも、ここまでよくやったなとも思うんですよ」

ーですね。

「だから、、、もうちょっと続けてみようと思います」

ーうん。本当にもうちょっと、なのかもしれませんから。

・・・・・・・・・・・・

この男性が絶対に諦めないことを、僕は信じていました。

それは、それまでのセッションで、この方の中にある「揺るぎない何か」を感じていたからです。

その「何か」に対する信頼を、ご本人が再び感じること。

このとき、僕が意識していたのはそれだけです。

だからこそ、男性は沈黙という大切な「空間」を通じて、自己への信頼を取り戻したのです。

結果が出ないときは、自己への信頼が揺らぎます。

「諦めた方が楽だし、賢明だ」と思うこともあります。

僕も、そうです。

でも、そこで立ち返られる「何か」が自分の中にあるか、どうか。

まったく惑うことのない、恒星のような「何か」を、胸の内に感じられるか、どうか。

「心のダイヤモンド」を磨いていけば、それが可能になります。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です