ソウル・インタビュー

忘れかけていた言葉

「あなたが望む世界の変化に、あなた自身がなりなさい」

今朝、ふとガンジーの言葉を思い出した。

そういえば、僕が18年間の新聞記者生活をやめて

いまの仕事をスタートする決断をしたのは、

「この言葉そのものを生きてみよう」と思ったからだった。

「知る権利」とか、

「社会正義」とか、

「権力の監視」とか、

それっぽい言葉を盾にしながら、

「じゃあ、お前は何をしているんだ?」

と自問したときの、のど元に突きつけられた矛の冷たさ。

その引き裂かれるような居心地の悪さを

「人生、そんなものさ」といって、無視し続けることは、

もう、限界だった。

そして、独立。

…なのに、気がつけば、

集客とか、マーケティングとか、成功法則にばかり、

意識が奪われていた。

そして、いま、

「ぼくはいったい、何をしているんだろう……」

そんな疑問が、真夜中の雪みたいに、頭の中に積もり続けている。

You must be the change you want to see in the world.

「あんたが望む世界の変化によお、あんた自身がなりゃあええじゃん!」

そう、そうだったよな。。。。

原点回帰。なんども、なんども。

ここから、また始めます。何度でも。