ソウル・インタビュー

やっかいな「箱」のなか

=====
自分はいま、どんな箱に閉じこもっているんだろう?
=====

 

箱の中にいる、という状態。

これは、本当に恐ろしい。

見えないんです。自分の解釈以外の世界が。

比喩的な意味ではなく、リアルに見えていない。

同業者の男性からの嫌がらせで、とても困っている女性がいます。

男性は、自分のやっていることが上手くいかなくなり、

その原因を、ぜんぶその女性のせいだと言いふらしているとか。

ねたみ、逆恨みですよね。

でも、そんなことをその男性に言っても全く通じません。

自分の「正しい世界」しか見えていないから。

 

しかも、こうしたこと、いくらでも日常で起こっています。

実際、ぼくもそんな時期がありました。

「正しさ」とか「本物」を追い求めて、

「そうでない」人を非難していたな…。

 

全部、勝手な解釈。

勝手な正義。

勝手な言いがかり。

 

「自分ルール」のちっぽけな箱の中で、

世界を眺め、裁いているだけ。

 

その行き着く先は、、、どん詰まりなんです。

 

どんどん、どんどん自分を狭めて、

どんどん、どんどん窮地に追い込まれていくだけ。

 

でも、自分じゃ気付かない。

だって、「正しい」と信じ込んでいるから(笑)。

正しさ、とか

正義、とかを振りかざす人やグループが、

暴力的になりやすいのは、その「狭くて排他的な信念」が原因。

 

 

箱の中から、互いを攻撃し合っている。

個人レベルでも、組織レベルでも、国家レベルでも、国際政治レベルでも。

 

 

自分がどんな「箱」に囚われているのか、

そこに気付いた瞬間、きっと自分の滑稽さに爆笑してしまう。

 

そしてまた、新しい箱に入る。

ヤドカリが、大きな殻に引っ越すみたいに。

 

でも、それは確実に前の殻より大きく、動きやすい。

そしてそこには、より成長するための「空間」があるんです。

「自分は、いまどんな箱に閉じこもっているんだろう?」

 

この問いさえ意識できれば、

箱に閉じこもった状態で、箱の外を一方的に攻撃することはなくなります。

 

でも、居心地いいんですよね、

小さな箱の中って。だからほんと、やっかい(笑)