ソウル・インタビュー

共振する光

あなたが本当に孤独で、大変なとき、

どんな人に「話を聞いてほしい」と思いますか?

 

 

どんな人に対して「この人なら」と感じますか?

 

 

すごいスキルとか、

経歴とか、資格とか、

「こんなに高級レストランで食べてます」

「こんな有名人と知り合いです」的なアピールとか、

 

 

そんな人に話を聞いてほしい、と思うだろうか?

(まあ、別に思ってもいいんだけど。。。)

 
少なくとも僕は、まったく思わない。

 

 

不思議なもので、

自分がそういう経験をすると、わかるようになってくる。

「この人の言葉は、何か違う」というような感触が。

 

 

-長い冬を耐え抜いた牝馬は、内側から静かな白い光を放つ

「易経 陰の巻」(竹村亜希子著)に、そんな言葉があった。

 

 

ヒーローズジャーニーでも、同じ。

影と向き合おうとする者をサポートできるのは、影と向き合った経験のある者だけ。

 

 

僕自身、そういう人たちと出逢い、救われた。

彼らには、言葉では言い表せない「何か」があった。

でも、その「何か」は、確実に感じることができた。

準備のできたときにだけ、共鳴、共振していく「何か」が。

 

 

そして、その「何か」を感じられるようになったなら、

あなたも遠くない未来に、影と向き合う誰かをサポートできる存在になる。

そのようにして、縁はつながり、仲間は増え、人生は少しずつ豊かに織りなされていく。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です