ソウル・インタビュー

誕生は、命の関門

ソウルインタビュー
ソウルバースセラピスト 小林桜さん①

 

==========

―ソウルバースセラピーは、どんなセラピーですか?

 

ソウルバースは、ソウル(たましい)が、生まれる(バース)という意味です。産婦人科医 として生きてきた私の造語なんです。 私たちはずっと、たましいの望みに沿って生きています。そして、たましいが新しい段階に 進む際には、大きな変化や困難が訪れることがあります。そんなとき、誰でも怖さを感じま すよね。「このまま進んで大丈夫だろうか?」「もうダメなんじゃないか?」と。
でも私には、その人のたましいが新しい場所に行けることが分かっている。だから私のセラピーでは、その方のたましいの意図を信頼し、新しい世界に進んでいくための場を提供して います。

 

-産婦人科医として長年働かれていますが、セラピーはその経験がベースなのですか?

 

もちろん、そうですね。人間はだれでも、生まれてくるときに、それまで羊水に浸っていた肺に空気を取り込みます。つまり、誕生の瞬間って、これまでとはまったく違う新しい方法で生き始めなければならない、そうしないと死んでしまう命の関門なんです。とても危険な 瞬間。だから私は、お産の現場に「なんとか無事に生まれてほしい」との祈りを持って臨ん できました。

 

―祈りを込めたお産。医療の現場で「祈り」の話をするのはなかなか難しいかもしれないで すね。小林さんは元々、そういう考えをお持ちだったんですか?

 

元々かどうか……。学生時代に通った気功教室の影響はありますね。 でも大学病院時代は出産の現場に感情を一切持ち込むことはありませんでした。とにかく 問題なく終わることだけを考えて、ただただ作業のように「こなして」いました。そんな感覚がおかしいとどこかで感じてはいたけど、必死だったから。

―では、何をきっかけに「祈り」「たましい」などを意識するように?

 

医師になって7年目に、以前からの体調不良がひどくなって勤務していた病院を辞めたん です。首や肩の緊張がきつくなって、手がこわばったり、しびれたり。手術などに支障が出 るので、続けられなくて。 そのときに自分のことを振り返って、本当はやりたくないことを続けてきたんだと気付く ことができたんです。ずっと自分を機械のように扱っていた、自分を痛め続けてきた、と。
それは、自分が一般的な医療の枠からはみ出していくいいタイミングでもあったんです。以 前から、医療の枠を超えたことが現場では起こっていると感じていました。それをもっと捉 える必要がある。だったら、自分の枠を拡げるしかないと思うようになりました。アメリカ に行ってヒーリングを学んだことで、命の営みを多層的に感じる力が磨かれていきました。(つづく)

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です