ソウル・インタビュー

ビジネスの前に、「どう生きたいのか」が大切

ソウル・インタビュー
「売れる強み」の専門家 小山弘樹さん(株式会社スマートチェンジ代表取締役)

==========

―小山さんは2012年から起業家の支援を続けられいますよね。何か変化などを感じら れていますか?
 
 
起業する方の傾向が、明らかに変わってきていますね。 当初は経歴がすごくて、実力も自信もあって、セルフイメージは様々でしたが、それなりに覚悟のある方がほとんどでした。起業する人って、やっぱりこういうタイプだよなと思うこ とが多かったです。それがここ2、3年は、普通の会社員や主婦だった人が「自分でもでき るんじゃないか」と本気で考えて、行動に移すようになってきています。
 
―「起業ブーム」と呼ばれていますよね。
 
 
そう。「ブーム」というと一過性でいい印象はないけど、僕は決して否定的にだけ捉えてはいません。時代の流れ、社会変化の現われなんだと思う。それまでの「こういう生き方をし ないといけない」といった常識が変わり、もっと自分のやりたいこと、自分の「心の声」に 従って生きてもいいんだ、それが可能なんだと考える人が確実に増えているように感じ ます。
 
ただ、それと起業は必ずしもイコールではないですね。ここを見極めないまま、高額な起業塾などに通ってノウハウに振り回さている人が増えていることが気に掛かります。
 
 
-確かに、一律のノウハウを教え込むような塾やコンサルが多いですね。
 

 
ノウハウそのものに良い、悪いはないのです。それ以前に、そもそもクライアントがやろうとしているビジネスが、その人に合っているのかどうか。そこが一番大切なポイントです。
 
「月商数百万」などというごく一部の成果に憧れて、間違った方向性のまま突き進もうとし ている方が少なくない。コンサルもそのズレに気付くことなく、ノウハウだけを押しつける。 だから上手くいかないし、ある程度上手くいっても瞬間風速的な成功に終わってしまう。当 然ですよね、その人のやるべきことじゃないのだから。そういうコンサルの在り方に、ちょ っと疑問を感じています。ビジネスをスタートさせる前に、もっと本質的なところをしっか り見つめる必要があるのです。
 
 
―もっと本質的なところ?

 

ええ。結局、その人が「心の声」に従って、どういうふうに生きたいのかということに尽きるんです。そのためには、僕は3つの段階を踏む必要があると感じています。
 
まずひとつは、本当に「心の声」を聴き分けられているかということ。単に「ワクワクするからやりたい」というのは多くの場合、欲やエゴの声に従っているだけです。本当にその方向性でいきたいと願っているのか。ここで間違うと、仮にちょっと上手くいっても、あとで 必ず方向性を見直すことになります。 心の声を聴き分けられたなら、今度はその通りに行動できるかどうか。ここで立ち止まる人 は少なくありません。最後にその生き方を展開し、発展させていけるかどうか、ということ ですね。 (つづく)

 

ソウル・インタビューは、起業家・経営者の方の情熱をお聞きし、記事にします。
詳細は、こちらから。