ソウル・インタビュー

2つの「自分ごと」

「結局、この地域全体を自分ごととして考えられるかどうか。そこに掛かっているんですよ」

 

久しぶりに訪ねた、ビジネスの大先輩。

長い間、地域づくりに奔走され、翻弄され、それでも結果を残してこられた方の言葉は、やはり重みが違った。

 

これまで何度も、「これは大丈夫」と信じた計画が頓挫。

「内容は違っても、事態が動かなくなる原因は共通している」とのこと。

 

すべてはヒューマンファクター。

そして、ファクトそのものは「互いのプライド」だったと。

 

「『自分ごと』ばかり主張しはじめる人が必ず出てくる。

損したくない、という思いだけで誰かを攻撃し始める。

そうなると、それまで構築してきた信頼なんてあっという間に崩れ去ります」

 

毎回、その繰り返し……。

 

自分だけの「自分ごと」じゃなく、全体を「自分ごと」と捉える視点があれば、
そんなことにはなりようがないのに。。。

 

でも、この現象、
単なる人間関係だけじゃなく、個人ビジネスでも同じかも、と思った。

 

自分だけの「自分ごと」ばかり意識して仕事をしている時には、
そのビジネスは発展しない。
自分のしたいことだけを、発信しているから。
ただの独り善がり。

 

そこから、他者の視点を含めて
社会全体を「自分ごと」として捉えることができて、
初めてニーズが見え、自分がどんな人の、どんなことに役に立つことができるのか
少しずつ、分かってくる。

 

そういえばかつて、あるコンサルに
「自分ごとを捨てろ」と何度も言われた。

そのときは正直、その言葉の意味が分からなかった。
表面的な「強み」とか「差別化」とかばかりに意識が奪われていたから。

 

でも、いまはよく分かる。

 

2つの「自分ごと」の雲泥の差。

 

「自分ごと」の先にある「自分ごと」
そこには、膨大な可能性が眠っているんだな。

 

そこにはっきりと気付かせていただいた、先輩に感謝。

記事を書いていると、なぜか白洲次郎の顔が浮かんできたので。。。