ソウル・インタビュー

「ネガを押さえると、ポジも固まる」

ソウルインタビュー
ネガポジバランスマインドコーチ 荻間裕美さん
その①

~~~~~~~~~~

―さっそくですが、「120%自分らしく生きる」って、荻間さんにとってどういう状態なのでしょう?

 

自分の個性であるプラスの部分もマイナスの部分も活かすことで、本来の「自分らしさ」を取り戻して豊かに生きる、という状態です。

 

誰もが心の中に、ポジティブな面とネガティブな面を持っていますよね。その両方のバランスを整えていけば、本当の意味でありのままの自分で生きていけるんです。コーチングセッションでは、自分の感情に向き合い、ポジティブ、ネガティブを両方とも掘り下げていきます。すると、次々に新しい気づきが起こって、新しい自分が生まれていきます。

 

―ネガティブも掘り下げていくんですか?

 

意外かも知れませんね。

一般的にコーチングは、強みなどポジティブな面に焦点を当てながら意欲を引き出して目標達成へと導いていきますから。それは、それでありだと思います。

ただ、ネガティブな思いを根深く持っている方は、ポジティブな面に光を当てたとしても、なかなかその方向に意識が向いていきません。いくらセッションで気づきが生まれても、その場限りになって、変化が起こらないまま堂々巡りを続けてしまいがちになります。

 

~ネガティブに隠れた「本当の願い」~

 

―どうして意識が向かずに、堂々巡りをしてしまうのでしょう?

ポジティブとネガティブって、実は天秤のようなものなんです。天秤って片方を押さえると、もう片方も動かないですよね。あれと同じで、ネガティブな思いを押さえ込んでしまうと、実はポジティブな思いも固まってしまうんです。当然、行動できない。だから同じところでぐるぐると悩み続けてしまうんです。健康的な状態ではないですよね。

それにネガティブな思いには、実はその人が本来持っている課題や期待、希望、願望が隠されているので。

 

―ネガティブに希望や願望が隠れている?

 

ええ。例えば、起業して何千万と稼いで成功者になることをゴールにしている人がいたとします。でも、よく話を聞いてみると、成功者になるというのは手段であって、本当に望んでいることは「自分に自信を持ちたい」ということだったりします。

つまり前提として「自信がない」という思いを抱いているわけですね。そこを掘り下げていくと、幼少期の親との関係性などを引きずっていたり、人とうまく関われないという劣等感を持っていたり。まずは、そうした一見マイナスに思える感情にしっかりと気づいていくことが大切なのです。

そのような内面に向き合わず、いきなりゴールを目指して大量行動を促され、必死になって成功したとしても自信は育まれず、ただ虚しさだけを感じる、という結果になりかねません。ゴールを達成できたけれど、本人は満たされないといった本末転倒な状態に陥る危険性もありますから。(つづく)

 

ソウルインタビューについては、こちらから