ソウル・インタビュー

新しいパートナーシップ

ソウル・インタビュー
ドラマチック愛され起業家プログラム やまと まさ子さん 
その①
~~~~~~~~~~


―さっそくですが、「ドラマチック愛され起業家」とは、どういう起業家のことなんでしょうか?

 

40~50代の女性で、自分の感性や能力、魅力を開花させて仕事と人生を楽しんでいる起業家さんのことです。もちろん、大切なパートナーにも愛されながら。私はそのプロデュースをしています。

 

―なるほど。ということは、やまとさんのお仕事はいわゆる起業支援やビジネスコンサルとは違う印象ですね。

 

そうですね。「自分という存在を十分に表現しながら、人生のセカンドステージを輝いて楽しんでいこうよ」というところがコアにあります。

単に稼ぐ、成功することを目指すと、パートナーシップが崩れてしまうケースもあるので。それってハッピーではないですよね。パートナーと新しい関係性を築き、互いに幸せになりながら、自分の可能性と選択肢を拡げていく。そんな女性を増やしていきたいですね。

 

―パートナーとの新しい関係性、そして互いに幸せになる。やまとさんの考える理想的なパートナーシップとは、どういうものでしょう?

 

新しい関係性というのは、男性性、女性性のバランスのことです。人は誰でもその両方を持ち併せているんですね。セカンドステージで起業を考え始めると、女性は男性性を象徴する実行力が必要になってきます。反対にそれまでバリバリと働いてきた男性は、奥さんの影響で女性性の象徴の感性が開かれていくかもしれません。つまり、それまでの生活では隠れていた側面が目覚め、互いにより豊かに人生を楽しめるようになるのです。

 

―女性対象だけど、女性だけの話じゃないですね。ところで40~50代を対象にされているのは、どうしてですか?

 

私自身、47歳で結婚して、50歳で起業しました。そして、とても豊かで刺激的な毎日を送っています。でも40歳を過ぎてからは、結婚するまで「私の人生、もう終わりかも……」とかなり悲観的になっていたんですね。それがパートナーと出会ったことで、本当に自由になって、人生が開けていきました。そんな私の体験がどなたかのお役にて立てたら嬉しいです。

 

―「人生、もう終わりかも…」って、それほど悩まれていたんですか?

 

大学卒業して商社に就職したのですが、私の人生設計では3年くらいで寿退社する予定でした(笑)。婚活も続け、お見合いも重ねましたが、どうしても結婚へ繋がりませんでした。それに20代のころは「25歳のクリスマス」と言われていた時代でしたから。その感覚のまま40歳を迎えると、かなり堪えるものがありましたね。「ああ、私はもうずっとこのままなんだ」と。(つづく)

 

インタビューのお問い合わせは、こちらまで。