ソウル・インタビュー

伝わるプロフィ-ルの書き方

「どうして誰も、自分のサービスに興味を持ってくれないのか…」

「こんなに頑張って発信しているのに、反応がないのはどうしてだろう…」

こうしたお悩みをお持ちの方、少なくありません。

特に、コーチとかカウンセラー、セラピストなど、形ある「モノ」を扱っているわけではないビジネスをされている方にとっては、共通する課題と言えるでしょう。

「提供しているものには自信があるのに、なぜ……」

理由は簡単です。

それは、
==========
独り言になっているから
==========

ここでの独り言とは、誰も聴いていない、読んでくれないという意味ではありません。

「自分のニーズを満たすために発信している」ということです。

「そんなつもりはない!」との反論が聞こえてきそうですが、、、

でも、実際にとても多くの方が、この状態に陥っているのです。

例えばプロフィール。
よくあるパターンとして、

・自分の経歴
・自分の体験
・自分の資格…を語り、最後に
・自分のミッションを掲げる。

この流れ、なにか欠けてはいないでしょうか?

そうなんです。
「それで、どんな人の、どんな役に立てるのか」が出てこないんです。

すべて「自己主張」でしかない。

経歴、体験、ミッションなどはもちろん大切です。

あなたの「人となり」は、お客さんがあなたを選ぶ際の不可欠な要素ですから(^^)

でも、いくら「人となり」が魅力的でも、それだけだと「ああ、そういう人なんだ」で終わってしまうんです。

ここで重要なのは、
そんな素晴しいあなた「だからこそ、どのような人に、どう役に立てるのか」を明確にすること。

そこがあって初めて、あなたの情熱とお客さんに「橋」が架かるのです。

そのためには、独りで悶々とメッセージを練っているより、信頼できる誰がに自分の思いを聞いてもらって、

「何が、どのように伝わったか」

についての客観的な意見をもらうのが一番の近道かもしれません(^^)

誰かに思いを聞いてもらうー。気が向いたなら、ぜひ試してみて下さい。

自分以外の感性、自分とは違う世界観で生きる第三者の意見から得られる「気づき」には、計り知れない価値が必ずありますよ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です