ソウル・インタビュー

鷹の選択

 

どんな高価なセミナーも、

どれほど偉い先生の話も、

色褪せてしまう

 

 

自分自身の人生に直面した際には。

 

 

それまでの自己像が崩れ、

無力感に苛まれ、

消えてしまいたいような虚しさに襲われる。

 

 

それでも、その時機を耐え抜いたとき、

その経験が本当は恩寵だったのだと気付く。

肩書きや、評判、所有物などの「アクセサリー」ではなく、

本当のまっさらな自分自身に気付くための、大切な贈り物だったと。

 

 

「鷹の選択」というこの動画。

 

語られている内容はフェイクの美談だけど、

メッセージには深い真実がある。

 

でも、昔は分からなかった。

アクセサリーにまみれていた自分には、「つくり話」としか思えなかった。

 

 

いまはまったく違う。

 

作者が創作した物語(メタファー)によって

何を伝えたかったのか、よく分かる。

 

くちばしを折り、羽をむしり、

それでも生き直そうとする鷹の気持ちが、

痛みを伴いながら、響いてくる。

 

 

 

そして、同じような境遇にいる方のことを

理解することができる。

 

 

僕も、あなたも、

新しい翼を持ち、飛び立てる日が来る。

必ず。