ソウル・インタビュー

本来の「味と薫り」を求めて

スペシャルティーコーヒーに魅せられて10年以上。

その想いが高じて(?)、最近は時間のあるときに専門店でスタッフもつとめています(笑)。

「それにしても、なぜそんなに惹かれるのか、、、」

もちろん、ワインのように味わい豊かで、薫り高いから。

 

シンプルにそれだけ、だとこれまで思っていたけれど。
自分がスペシャルティーコーヒーを「飲む側」から「提供する側」になって気付いた魅力がひとつあるとすれば、それは、

 

「豆そのものの素晴しい個性を、最大限味わえる」

 

ということ。

 

【スペシャルティーコーヒー】

・農園から直接買い付ける

・品質に対して価値が決まる

・種からカップに注ぐまで、体制、工程が一貫しており、品質管理が徹底している

 

【一般のコーヒー】

・先物市場で取引される

・重量、格付けで価格が決まる

・どこの誰がつくったかは関係なく、周辺地域で混ぜられて選別される

(生産者は買いたたかれて、仲介業者や大手コーヒー会社が利益を得る仕組み)

 

 

つまり、スペシャルティーコーヒーは、

「丹精込めてつくられた豆を最高の形でお客さんに提供し、生産者・消費者ともに幸せな循環を生むコーヒー」と言えます。

 

 

お店でハンドドリップする際は、その大切な豆の「最高の味と薫り」を引き出す必要があります。それができてこそ、プロですよね。

 

混ぜ物ではない、本当の味と香り……

そんなことを考えていて、「これは自分の本業のインタビュー・セッションと同じだ」と気付きました。

 

 

どんな人にも、その人だからこそ醸し出せる素晴しい「味と薫り」があります。

 

でもそれが何なのか、本人でさえ分からなくなっている。

組織で「役に立つ」ために、社会で「立派」であるために、

混ぜられ、煎られるうちに、本来の「味と薫り」を失っていく。。。

 

しかし、完全に失われたわけではない。

それを見極め、引き出す意図を持つなら、

いつからでも、いくらでも、取り戻せる。

 

 

つまり、

その人だけのスペシャルな味と薫りを引き出すのが

自分の仕事なんだな、と。

 

やっていることは同じなんだな気づいて、自分でもびっくり。

 

 

最高の味と薫りを引き出したい。
そう願いながら、今日は午後からハンドドリップしています。(まだあたふたしてるけどね、笑)

 

本来の味と薫りを引き出したい……」

本来の味と薫りを放ったほうが、

自分も、社会も幸せになれるから。

 

 インタビュー式・自己開花体験セッション(先着5名)は、こちらから。