ソウル・インタビュー

ワクワクはただの入り口。その先で出会う「本来の自分」とは?

 

「ワクワクは単なる入り口。その先にあるのは、ユートピアばかりじゃない」
コーチとして15年以上活動されてきた赤木広紀さん。ご自身の人生経験から滲み出る言葉は、やはり深みがありますね。

**********

本来の自分」を生きることで見えてくる世界

ファインネットワールド代表 赤木広紀さん(プロコーチ)

 


―赤木さんは15年以上コーチとして活動されていますよね。これまでにどのくらいの方とセッションをされてこられたのでしょう?

 

2001年にプロコーチとなったので、今年で17年になりますね。

1対1のパーソナルコーチングで関わった方は約300人。セッション回数は約5000回となります。最も長い方では14年間継続しておられるクライアントさんもいらっしゃいます。

 

―14年間ですか。まさにライフコーチングと呼ぶに相応しいですね。

 

そうですね。「本来の自分に気づき、本来の人生を生きる」ということを会社のミッションとして掲げているので、長期的なライフコーチングになるのは自然なことなのかもしれません。

 

―「本来の自分に気づき、本来の人生を生きる」。赤木さんの考える「本来の自分」「本来の人生」とは、どのようなものなのでしょうか?

このミッションは2002年に決めて、その後ずっと変わらずに使っています。ですが、僕の中で言葉の持つ意味はかなり変わりましたね。

当初は、その人がワクワクできることを見つけて、情熱を持って生きるということを意味していました。コーチングも、そこを目指してセッションを提供していたんです。でも、次第に違和感を覚えるようになったんですね。

 

―違和感、ですか?

 

そうなんです。ワクワクすることや、本当に好きなことを見つけるというのは、実は「本来の自分」に至る入り口に過ぎないんです。

僕自身、コーチングに出会ってワクワクし、コーチとして人生を送れるならずっと情熱的な楽しい人生が続くと信じていました。でも、違うんですよね。ワクワクの扉を開けて歩き出したとしても、そこで体験するのは決してワクワクばかりじゃない。一面バラ色のユートピアではなかったんです。

 

―当然辛いこともある、という話でしょうか?

 

もちろん辛いこと、苦しいこともあります。しかも、それが経験したことのないほど厳しいものに感じるんです。例えば売り上げが伸びず、経済的な危機に直面するとか。

「本来の自分はいつも輝いているはずだ」「自分らしく生きるのは素晴しいことだ」という強い思いで選択し、突き進んできた道なのでイメージ通りに幸せになれないことが受け入れ難いんですね。そして、もがけばもがくほど、ますます苦境に陥っていくんです。

 

「じゃあ、元の生活に戻ればいいじゃないか」という人もいますが、そう簡単なことでもない。自分の選択を完全に否定してしまうことになってしまうので、それはそれで引き裂かれるような苦しみを味わうんです。まさに「引くも地獄、進むも地獄」そんな心境です。(後編へ続く)

**********
インタビュー式「響感プロフィール」については、こちらから。