ソウル・インタビュー

電子書籍で、次世代へ「生きた証」を繋ぐ

「社会に何を生み出し、次世代に何を残していくのか……」
明確な目的意識を持って電子書籍のプロデュースを続ける、中心道出版の時任悟編集長。

なぜ電子書籍なのか? 
目指しているのはどんな世界なのか? 
そもそも中心道とは……。
時任編集長へのインタビュー、前編です。

**********

次世代へつなぐ「生きた証」となる一冊を

                    中心道出版編集長 時任 悟さん

―中心道出版は、電子書籍のプロデュースをされていますね。なぜ電子書籍に限定されているのでしょうか?

 

書店に並んでいる一冊の本を出版するためには、数百万単位のコストが必要となります。それほどのコストを掛けるわけですから、当然売れないといけない。売るためには、売れる内容にする必要がでてきます。

実は、そういう事情もあって、注目を集めるために著者としては本意ではない表現になってしまったり、時代の空気にあわせて本心ではない言葉を選んでしまったりということが少なからずあるんですね。作家プロデュースのお仕事を10年以上させていただく中で、何度もそんな誰にも言えない悩みを聞く機会がありました。

 

しかし電子書籍なら、はるかに低コストで、しかも心から表現したいことをストレートに伝えられます。思い通りの作品を作るのに、これほど最適なツールはありません。

 

―ここ数年、電子書籍のプロデューサーや出版コミュニティーなどがたくさん存在しています。そのなかで、中心道出版だけの特徴というものはありますか?

 

僕はこれまでに、プロデュースした電子書籍50作品以上でランキング1位を獲得してきました。つまり「売れる作品」に仕上げることには自信があります。ただ、中心道出版はそこをゴールにはしていません。

 

目的はそこではく、それがどのような人に響いて、社会に何を生み出すのか。そして、次世代に何を残していくのか。そうした、著者の「生きた証」となるような一冊を手がけていきたいのです。「中心道の哲学」を基盤に、著者の胸の奥に秘めた「想い」がしっかりと伝わる本となるように全力で関わらせていただきます。

 

―いまさらですが、その「中心道」というものについて簡単に教えていただいてもよろしいですか?

 

中心道は武道の叡智を活かして、世界で活躍できる人財を育てるプログラムで、静岡県熱海市に道場があります。そこには全国から経営者や各界のリーダー的な方々が集まり、個人を越えて社会のため、世界のため、次世代のために自分の経験や能力を活かしていこうと自己研鑽に励まれています。僕は2016年に中心道と出会い、人生が一変しました。

 

―どんなふうに一変したのでしょうか?

 

まず、自分が何者なのかはっきり分かったんです。それまで、よく周囲から「いつまで他人のプロデュースをしているんだ」「いい加減、表に出ろ」と言われてきました。でも、自分では「これがしたい」というものが見つからなかったんです。だから、そう言われるたびに悶々とした気持ちになっていたんです。

 

でも、中心道で自分の人生を振り返って見つめ直していく中で、塾長の須田達史さんから「きみは軍師キャラだから」と指摘されたんですね。ものすごく腑に落ちました。「ああ、これでいいんだ。これが自分の活かし方なんだ」と。つまり、人との関わりの中で、相手に応じて能力を発揮するタイプ。触媒として、相手に大きな化学変化を起こさせる役割だったんです。(後編へつづく)

 

**********
インタビュー式「響感プロフィール」

あなたの「最も伝えたいこと」をインタビューさせていただきます。
対談記事にまとめ、「響き、感じる」プロフィールに仕上げます。
完成した記事はPDF化し、お渡しします。

詳しくは、こちらから。