ソウル・インタビュー

「日常での気づきを深め、自分だけのオリジナルの真実へ辿りつく。それがコードオン」

「誰もが自分で、自分のオリジナルな道を通って真実に辿りつく」
「そのためには、自分の見えていなかった世界を見える化していく以外にない」

その本質的な内容から、口コミだけで全国に広まっている体験型変容プログラム「コードオン」創始者・田中希さんへのインタビュー、前編です。

~~~~~~~~~

誰もが赦される彩り豊かな世界へ

 

あなたの内なる神の<コード>をオンにする
体感型変容プログラム<コードオン> 田中希さん

 

―希さんが「コードオン」でされていることは、どういうものなのでしょうか?

 

端的にいうと、「自分を知る」ということですね。

もっと広い自分を知るということ。見えているもの、知っているものだけではない世界の中で生きていることを知っていく。

自分の内側にある真実に気づき、日常のなかで本質的な自分に出逢い、そのたびに変容し続けていく。まるで思い出すかのように出逢い、変容し続けていくこと。それが「コードオン」です。

 

―内側にある真実?

 

そうです。ここはとても大切なところです。答えは自分の外側にはありません。自己啓発系のセミナーやスピリチュアル系のセッションなどでも、カリスマ的な誰か、または霊的能力があるという人が指し示してくれるものでもなく、自分で、自分のオリジナルの道を通って、真実に辿りつくのです。

 

―どこかに絶対普遍の答えがあるわけじゃなく、それぞれが自分の内側に答えを持ってい る。その答えがコードであり、そこに気付くためのスイッチをオンにするということ?

 

そうですね。きっとその「普遍の答え」を外に探しても見つけづらい。その普遍という中で生きていながら、私たちもその内のひとつである、と思うのです。ということはその一部だから、自分の内側に答えがある。

ですので、日常生活で起きる出来事において、自分の内側の答えに気づき続けていくと、自分が自分の世界を創って いるということがだんだんと腑に落ちるようになってきます。すると、悩まなくなっていく。人生の質が激変するのです。

 

 ―コードをオンにして気づき続けていくと、自分が世界を創っていることが分かるように なる。

 

はい。気づきというのは「見えない世界を見える化していく過程」と言い換えることができます。つまり、自分の思考や意識という「見えない世界」が、どのように私たちが現実と思っている「見える世界」と繋がっているのか。そこが分かってくると、自分自身がこの世界を創っているということが当り前の事実となって見えてきます。

実は、そこが分かっていないと、ずっと悩み続けてしまうんです。私自身が以前そうだったから、よく分かるんです。

 

―希さん自身も、悩み続けたんですか?

 

はい、思いっ切り!(笑)。

私の場合は、プチセレブな専業主婦だった2007年に「どうしよう!!私、こんなことをするために地球に生まれてきたんじゃないのに!!」という強烈な確信が芽生えたことから始まりました。それは強烈に思い出す、という感じです。

ですが思い出したということだけで、何もわからない。それを解明したくて、セラピーとかスピリチュアルの世界とかいろいろと学びましたが、どれも深く納得することはできなかったのです。

それでも衝き動かされるままに行動し、体験を積み重ねて行くうちに気づいていきました。自分の内側に真実があるということに。その真実に出会うためには、自分自身で見えていなかった世界を見える化していく以外に方法はないと分かったのです。

(後編へ続く)

**********

【先着5名→残り2名となりました!】
インタビュー式「響感プロフィール」
体験版を4800円(通常5800円)にて提供いたします。

あなたの「最も伝えたいこと」をインタビューさせていただきます。
対談記事にまとめ、「響き、感じる」プロフィールに仕上げます。
完成した記事はPDF化し、お渡しします。

詳しくは、こちらから。